パレスチナの基本情報

「パレスチナって、危なくないの?」

日本ではそう思われる方が殆どのパレスチナですが、実際に行かれてみると、人が普通に生活している場所なんだということに、大変びっくりされると思います。

ベツレヘムのクリスマス・イブのパレードにて。キリスト生誕の地なので、このようなイベント時は特に盛り上がります。

外務省の情報は常に「渡航の延期をお勧めします」。

しかしこれは、日本が仲良くしたいアメリカの目線で作られたもの、つまりユダヤの目線で発令されているものということも、現地に行くと初めて実感します。

パレスチナの人たちも、「本当は違うのに、世界では『パレスチナは危険』と放送されていて、実際に危険だと思われている」ということもよくわかっています。

「占領はばかげたことだ」と、イスラエルをある意味冷めた目で見ていて、応戦しても何も生み出さないことも理解しています。

占領により自由な生活が出来ないにも関わらず、そういった苦労を全く見せずに、外国から来た観光客を見かけると「ウェルカム!」「How are you?」と温かく声を掛けてくれる、そんなホスピタリティに熱いパレスチナの人たちに是非、会いに行ってみて下さい。

パレスチナ国の基本データ

国旗

「汎アラブ色」と呼ばれるアラブカラーを用いた国旗。

:預言者ムハンマド
白:ウマイヤ朝(661-750年・世襲カリフの支配者)バドルの戦い(624年)を想起させる色
:ファーティマ朝(909-1171年)にて正当カリフ第4代アリーを支持する色(シーア派)
:ハワーリジュ派(正当カリフ第4代アリー派から分離した派)

人口

270万人(西岸地区)・1,75万人(ガザ地区)
※西岸地区には約58万人の入植者を含む。

面積

5,860Km2(西岸地区)・360km2(ガザ地区)
西岸地区は愛媛県程度の大きさ。

宗教

ムスリム80~85%・ユダヤ教徒12~14%・キリスト教徒1~2.5%(西岸地区)、ムスリム98~99%・キリスト教徒1%以下(ガザ地区)
※入植地のユダヤ人を含む。

公用語

アラビア語

国家

Fida’i (1996年採用)

通貨

NIS New Israel Shekel
但しイスラエルでは通用する10アグロットコインは使用不可。

コンセントのプラグ

ヨーロッパで使用されているCプラグが利用可。

チップ

通常のレストランやホテル、タクシーなどでは不要。

水道水は飲料可(硬水)。ペットボトルでもミネラルウォーターを購入出来、1リットルで2NIS程度。

統計参考:CIA World Factbook (2017年4月現在)