携帯電話

パレスチナでも、携帯電話は非常に普及しています。

SIMフリーの携帯電話があれば、パレスチナで有効なSIMカードを、なければ現地で携帯電話とSIMのセットを購入することが可能です。

パレスチナの携帯ショップのショーケース

本体で安いものは100NIS前後から。SMSと電話が出来れば十分です。

パレスチナの携帯会社

パレスチナには、主に2つの携帯電話会社があります。

JAWWAL(ジャワル)

 パレスチナ発、老舗の携帯電話ブランド。
イスラエルでのローミングが使えない(2011年1月確認)が、JAWWAL宛通話は非常に安く、ヨルダンでも系列ローミングで利用すれば安く済む。

Wataniya(ワタニーヤ)

 現在急速にパレスチナでシェアを伸ばしている、カタール発の携帯電話ブランド。イスラエルでCellcomによるローミングが可能。通話料金はJAWWALに比べやや高め。

同じキャリア同士の通話は安く、違うキャリア同士では高くなりますので、電話を掛けたい相手の携帯電話のキャリアがどこのものか確認して購入してもよいでしょう。

イスラエルではOrange、Cellcom、Plelephoneの3大キャリアがあり、こちらも簡単にSIMカードなどが購入可能です。

スポンサーリンク

携帯電話・SIMカードの購入方法

街のどこにでも携帯電話屋さんがありますので、お店に入って「携帯電話を買いたい」と申し出ればOKです。

パレスチナで販売されている携帯電話はSIMフリーも多いので、パレスチナ以外の国でも使えます。

携帯電話の機種は、SMSと通話だけという最低限の機能を持ったもの(100NIS、通話料15NIS程度が付いている)から、iPhone(中古で400ユーロ程度~)まで、ピンキリです。

SIMのみの場合は、10NISから購入可。※通話料金チャージ料含まず。

購入には身分証明としてパスポートが必要になります。

プリペイドチャージの購入方法

JAWWALやWataniyaのマークのあるお店で、「プリペイド分のチャージをしたい」と申し出ると、どのブランドの携帯会社でいくらチャージしたいのか聞かれます。

10シェケルもしくは15シェケルが最低チャージ可能料金です。

JAWWALの直営店。英語が話せるスタッフもおり、安心です。

カードの裏のPINコードをスクラッチして、チャージ専用電話(自動応答)にコールをしてPINコードを入力すれば、チャージ完了となります。

アラビア語がわからなければ、お店の人がやってくれますので、お願いしましょう。