旅の必需品

パレスチナに渡航するときに持っていったら役立つものや、現地で手に入るものをご紹介します。

コンセントのプラグ

パレスチナのコンセントは、ヨーロッパで使われているCプラグが使えます。

サングラス

特に夏は5月頃から日差しが強く、普段日本ではサングラスを掛けることは全くない、黒目が割りと黒いと言われる筆者でも、結構チカチカと眩しく感じられました。

空気が乾燥していることと、白い壁の建物が多いため、サングラスは安いものでいいので持って行ったほうがよさそうです。

ウェットティッシュ

パレスチナではイスラエルの政策により極端に生活水を制限されています。多くの家庭で水が足りず、筆者が滞在していた友人宅では、シャワーを浴びられない夜が2日に1回ほどの割合でありました(もちろん、その夜は洗顔も歯磨きも出来ません)。

そんな時、ウェットティッシュがあると、僅かながらもさっぱりできます。
ホテル等に滞在される方は、ホテルはサービス用に水を購入して確保しているため、心配は要らないかと思います。

ゴムぞうり、サンダル

パレスチナも、欧米のように家の中でも土足です。さっと脱ぎ履きできるサンダルなどがあると、ホテルや現地のお宅でリラックスする時に便利です。

常備薬

現地の薬局でも簡単に手に入ります。例えば、風邪薬ですと24錠入り(1回2錠、1日3回)が36NIS(約900円)で買えました。