世界最古の都市テル・アッスルターン

ジェリコ市街地から北西に2km
8:00-17:00
10NIS
02-232-1909

古代のジェリコ(ancient Jericho)」とも呼ばれる、世界最古と言われる都市、テル・アッスルターン(Tell es-Sultan)。今から1万年ほど前の住居の跡・城壁の跡などを見ることが出来ます。

土の壁には、何層もの縞模様が見られますが、これは繰り返し町が滅びては再建されたことを物語っています。

テル・アッスルターンの歴史

紀元前1万年~9000年頃

狩や漁をする人間が、拠点としてキャンプを作り、住みつくようになる。

紀元前8500年~6000年

新石器時代。広さ4ヘクタールほどの集落を形成し、農業などで発展。

この頃の人口は、3,000人ほどと推測されている。集落は高さ6mの石の防護壁で囲われ、8m以上の塔も建設される。

紀元前5800年頃

一旦無人の町となり荒廃。

紀元前3100年頃

再び集落が作られる。

紀元前2900年~2600年頃

町は大きく発展、防護壁も作られる。

紀元前2300年頃

町が破壊される。

紀元前2100年~2000年

町が再建される。防護壁もより大きなものになる。

テル・アッスルターンの遺跡。

紀元前1550年頃

異民族の来襲により、三度町が破壊される。紀元前9世紀頃までは廃墟となる。

紀元前8世紀頃

アッシリア人が住み着き、その後は続いてバビロニア人が占拠。

紀元前539年

アケメネス朝ペルシアのキュロス2世が、それまであったテル・アッスルターンの町の南東に町を作る。

それ以降、中心は現在のジェリコの町があるところに移ってしまった。

エリシャの泉(Elisha’s Fountain)

旧約聖書の中で、紀元前9世紀の預言者エリシャが、飲用に適さなかったこのジェリコの水源を、塩によって清めたという伝説のある泉。

非常に澄んだ水が湧き出ている泉です。

現在でも泉からは水が湧き出ていて、ジェリコ市民にとって必要不可欠な生活水として使われています。

ケーブルカー

8:00-21:00
+972-2-2321590
jericho-cablecar.com

テル・アッスルターンのふもとから、誘惑の山(Mount of Temptation)まで、5分弱で行くことが出来るケーブルカー。

1999年にオープンして以来、世界最古の土地を美しいパノラマで楽しめるとあって、非常に人気のアトラクションとなっています。

ジェリコ市イチオシのアトラクションにもなっています。Jamie Lynn Ross

ケーブルカーの所要時間は約5分。ゆったりとした景色を、約1.3kmに渡って味わえます。

レストランやお土産屋さんもありますので、半日程度かけてゆっくり楽しむのがオススメ。