誘惑の山

誘惑の山(Mountain of Temptation)と呼ばれるこの地は、イエスが40日間断食をし、悪魔の誘惑を受けたとされる場所です。

崖の上からは死海が一望できます。午前中に登るのがオススメ。Seetheholyland.net

悪魔は聖書の中で度々、神への信仰に疑問を抱かせたり、罪を犯させるために、度々イエスを試します。

この場所に断食の修行に来たイエスに、悪魔は「神の子ならさっさと石をパンにして空腹を満たせ」と試しますが、イエスはこれに「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」と旧約聖書の言葉を引用し、誘惑を退けました。

ビザンツ(東ローマ)帝国時代、多くの修道士がこの場所に洞窟を掘り、イエスと同じ苦行を行ったそうです。

テル・アッスルターンのふもとから、ケーブルカーが出ていて、遺跡を眺めながら登れます。

歩いて登るのも可能ではありますが、斜面は非常に急ですので、足腰に自信のある方はどうぞ。

デール・クルントゥル Deir-Qurantul

7:00-15:00/16:00-17:00(※冬季は短縮)
無料

このギリシャ正教の修道院は、イエスが修行をしたと伝えられるこの地に12世紀に建てられたもので、19世紀後半に改築されました。

カトリックとは違い、イコンを崇拝するのがオーソドックス・クリスチャンの特徴。Seetheholyland.net

内部には18~19世紀のイコン(聖像画)が多数保存されていて、非常にきらびやかです。