聖墳墓教会

聖墳墓教会(The Church of the Holy Sepulchre)は、イエスの墓とされる場所に建てられた教会です。エルサレムの旧市街の中にあります。

キリスト教徒にとっては、イエスが生まれた場所に建てられた聖誕教会と並んで最も重要な教会で、常に巡礼者や観光客で溢れています。

エルサレム 聖墳墓教会の赤大理石の板

イエスが十字架から降ろされた後、ここで聖骸に香油を塗ったとされる赤大理石の板。常に巡礼者が行列をなしています。

十字架を背負わされてヴィア・ドロローサを歩いたイエスはこのゴルゴダと呼ばれる場所で、十字架の刑に処せられ、亡くなった後、ここで復活したと伝えられています。

キリスト教地区にこの教会はありますが、教会への入り口は非常にわかり辛く、子ども達が「こっちこっち」と案内してくれようとしますが、その後はお金をたかってきます。お気をつけ下さい。

聖墳墓教会の歴史

336年

ローマ皇帝のコンスタンティヌス1世が、母親のヘレナの助言を受け、ここに最初の教会を完成させる。

ヘレナはこの場所へ巡礼に来た際、イエスが磔にされた聖十字架や聖遺物を発見し、この場所が「イエスが磔刑に科せられた場所」とわかったのだとか。

エルサレム 聖墳墓教会の聖へレナ聖堂

聖墳墓教会の地下にある聖へレナ聖堂。床のモザイクは必見。右奥にはヘレナが聖十字架を見つけたとされるチャペルがあります。

熱心なキリスト教徒であった彼女は、326年にもベツレヘムの聖誕教会を息子のコンスタンティヌス帝に建てさせる。

614年

ササン朝ペルシアがエルサレムを攻撃。聖墳墓教会は破損を受け聖十字架も奪われたものの、東ローマ帝国はこれを取り戻し再建。

638年

パレスチナがイスラム勢力のウマイヤ朝の支配下に。しかし教会は破壊されることなく存続。

1009年

ファティマ朝のカリフ・ハーキムの命令により、教会が破壊される。

1025~28年

教会が再建される。

1033年

大地震によって崩壊。

その後、ファティマ朝の許可を得て、キリスト教徒は再び教会を建てる。

1042年

東ローマ皇帝コンスタンティノス9世モノマコスが資金を得て、大改修が行われる。この頃には既に3つのチャペルが建ち、8000人ほども収容出来る程の広さを持っていた。

1099年

十字軍がエルサレムを制圧。十字軍は更に豪華なものへと教会を改築、現在残っている聖墳墓教会は、大部分がこの頃のものとのこと。

エルサレム 聖墳墓教会の入り口

聖墳墓教会の入り口。ファサードは12世紀、十字軍の時代に築かれたもの。

1187年

パレスチナが再びイスラム勢力のサラディン王に制圧される。サラディン王は聖墳墓教会を壊さず、キリスト教徒を保護。

13世紀~16世紀

1250年のマムルーク朝時代は、教会の改修は許可されていませんでしたが、1517年にエルサレムがオスマン帝国に譲渡されると、小規模の改修のみが許されるように。

このイスラム勢力の下、次第に教会は放置されるようになり、荒れ果ててしまう。

19世紀頃

1808年の火事で教会は大破。1853年にはクリミア戦争でも一部破壊される。

この頃からユダヤ人がパレスチナの地に戻るシオニズム運動が徐々に高まり、教会も海外からの研究者達によって、調査が行われるようになる。

20世紀以降

1927年の大地震で、教会は大きく崩壊。しかしイギリスの援助により改築される。

1947年以降にエルサレムがヨルダンの管理下に置かれると、ヨルダンやギリシア正教会によって、改修が進んだ。

聖墳墓教会の見学

イエスの墓は常に多くの巡礼者の行列が出来ており、1~2時間待つ場合も。

エルサレム 聖墳墓教会のイエスの墓

香油の大理石の左側にある、イエスの墓。一度に4、5人しか入れない為、非常に長い行列が出来ています。

墓の前の礼拝堂(Catholicon)は、ギリシア正教では「世界の中心」と言い伝えられている場所。

中央のドームには、イエスと使徒のフレスコ画があり、こちらも必見です。

エルサレム 聖墳墓教会のCatholicon

イエスの墓の中までご覧になりたい場合は、早朝か日没前など、巡礼者や観光客が少ない時間を狙って行くのがいいと思います。

また、入口すぐの香油の台の目の前にある、イエスが十字架から降ろされ、香油を塗られて埋葬されていく様を描いたフレスコ画も見事です。

エルサレム 聖墳墓教会のフレスコ画

イエスの聖骸が埋葬されていく様子が、右から順にストーリーになっています。

見どころが多い教会ですので、事前にキリスト教やイエスの生涯について学んでおくと、より見学が有意義なものになると思います。

聖墳墓教会の情報

  • 日~木(夏季)5:00-21:00(冬季)4:00-19:00
  • 無料