嘆きの壁

24時間|365日
無料

エルサレムの旧市街、ユダヤ地区にある嘆きの壁。

英語では「Westen Wall」(西の壁)とも呼ばれていますが、これは紀元前37年にローマの支配下の元にユダヤ人の王国を創始したヘロデ王が、紀元前20年に改修したエルサレム神殿を囲む西側の外壁です。

エルサレム 嘆きの壁

1967年以降はイスラエルの占領下になり、パレスチナ人が住む所を壊して広場が広げられました

壁の高さは現在21m。

  • 下から7段目までは第二神殿(紀元前516年から紀元後70年)の時代
  • 8段目から11段目がウマイヤ朝(661年~749年。691年には神殿の丘に岩のドームを建設)及びファティマ朝(969年~1071年)
  • 12段目以上の小さい石の部分はオスマン帝国時代

というように、1000年以上をかけてこの高さになりました。

壁の左側には貴重な無料(確認:2010年末)のお手洗いもあります!

スポンサーリンク

見学の注意点

壁に向かって左側は男性右側が女性と、祈りの場所が分かれています。

男性は、神に敬意を表すという意味で「キッパ」と呼ばれる帽子のようなものを被らなければなりません。

男性パートの壁に向かう途中に白いキッパが置いてありますので、それを借りて壁へ向かいましょう。壁を離れる際には返却します。

男性はキッパを被りましょう。無料で借りられるものが置いてあります。

ドレスコードがあり、短パン・タンクトップなどは禁止です。カトリックの教会と同じです。

シャバット(金曜の日没~土曜の日没)・フェスティバル開催時は、写真撮影・喫煙・携帯電話の使用は禁止です。

嘆きの壁の歴史

紀元前20年

ユダヤ人の王国のヘロデ王が、エルサレム神殿を改修。

70年頃

ローマ帝国の将軍ティヌスに破壊され、ユダヤ人はエルサレムから追放される。

ユダヤ人はその後、年1回しか、神殿の跡を悼むためにエルサレムに入ることは出来なくなる。

中世

年1回のエルサレム訪問の風習も、その後のローマ支配・イスラム王朝の支配の間、ユダヤ人が次第にキリスト教やイスラム教に改宗していく中で、なくなっていく。

16世紀

オスマン帝国下の時代、第16代皇帝のスレイマン1世が、ユダヤ人に壁で祈りを捧げることをついに許可。

それまでは、ユダヤ人はシナゴーグやオリーブ山など限られた場所でだけ、祈っていたらしい。

1852年

キリスト教聖地の分割協定Status Quoが発効されると、ユダヤ人は壁の祈りのスペースの独占権を得て、更に壁の所有権も主張しはじめる。

20世紀以降

シオニズム運動は更に盛んになり始め、嘆きの壁を独占しようとするユダヤ人に、それまで住んでいたパレスチナ人達は怒りを抑えきれなくなり、ついにはパレスチナ全土での武力衝突に発展。

第三次中東戦争の後1967年にイスラエルが東エルサレムも制圧、1900年にも及ぶユダヤ人の悲願は叶いました。

エルサレム 嘆きの壁にあったヘブライ語の聖書

ヘブライ語の聖書も。多くのユダヤ人がお祈りしていますので、静かに見学を。

イスラエルによって嘆きの壁周辺のパレスチナ人民家とモスクは取り壊され、祈りの為の広場(Western Wall Plaza)が取って代わり、現在は周りにユダヤ人地区が広がっています。