ナブルス旧市街

ナブルスの旧市街は、Al-Qasadaと呼ばれています。

ローマ帝国からの建築物を残す古い町ですが、エルサレムのような豪華絢爛なものではなく、素朴な感じを残す町並みとなっています。

ナブルス 旧市街の入り口

旧市街の入り口。このゲートの内側には公衆トイレがあります。紙はなくトルコ式ですが、貴重なお手洗いです。

スークは所狭しとたくさんの商店が営業していて、非常に賑やかです。

ハーブ屋さんやコーヒー屋さんなどから立ち上る香りを嗅ぎながら、ウィンドーショッピングを是非楽しんで見て下さい。

ハーブ屋さんで量り売りされているザータルズラート(ハーブティ)などをお土産にするのもオススメです。

ナブルス 旧市街のハーブ屋

ハーブ屋では好きなグラム数で購入出来ます。

非常に狭い道が迷路のように入り組んでいるのがナブルスの旧市街の特徴。

春になるとラベンダーがそこかしこで咲き誇り、優しい香りを放ちます。

ナブルス 旧市街のSalah Adein St

Salah Adein St.にて。歩いていると、色々な人から「Welcome!」と声をかけられました。

アル・カビール・モスク(Al-Kabir Mosque)

元々はローマ皇帝フィリップス・アラブスにより、224年に建設されたものが起源。

その後十字軍も教会を建設しましたが、十字軍を打ち破ったアイユーブ朝の時代にモスクに変えられました。

オスマン帝国時代の1641年に改築されています。

1927年の大地震で大きなダメージを受けましたが、その後再び改築されました。

ハンマーム(公衆浴場)

アラブの国々では度々見ることが出来るハンマーム。

元はローマ帝国の浴場文化で、ナブルスでは19世紀頃から、人々の重要な交流の場として発展してきました。

ナブルス ハンマーム(ハマム)

ハンマームでは、アルギーレ(水タバコ)も楽しめます。(cc) glichfield

現在ナブルスには2つのハンマームが営業しています。どちらも非常に歴史ある建築物で、早朝から深夜まで営業しています。

Hammam ash-Shifa

1624年に建てられたハンマームで、1970年代に改装されました。パレスチナでは最古のハンマームです。

  • En-Nassar St.
  • 8:00-24:00 (火・日曜日 8:00-17:00は女性専用、それ以外は男性専用)
  • 入浴:NIS18、マッサージ:NIS10
  • +970 9238 1176
  • facebook

Hammam al-Hana (Hammam es-Sumara)

19世紀に建てられたハンマーム。1928年から休業していたものの、1995年に改装し再オープンしました。

  • Jadet al-Yasmina St.
  • 6:00-23:00 (火曜日 8:00-17:00は女性専用、それ以外は男性専用)
  • 入浴:NIS20、マッサージ:NIS10
  • +970 9 238 5185
  • facebook
  • 時計塔

    Al Manara Square

    ナッサラー・モスク(Nasser Mosque)の向かいの広場、旧市街の中心部に位置する時計塔。

    ナブルス 旧市街の時計塔

    旧市街の中心部にある時計塔。他の都市の時計塔と比べてみても面白いです。

    オスマン帝国の第34代皇帝、アブデュルハミト2世の即位25年を記念して19世紀初めに建設された7つの塔の内の一つです。

    他の塔は、ジャッファ・ハイファ・ナザレ・エルサレムなどに建設されています。

    当時は、この時計を基準として、町の人たちは暮らしていたそうです。塔は5階建てになっていて、鐘は最上階にあります。